2009年1月16日金曜日

Inkscape でパターンをオブジェクトに適用

前回、「Inkscape でストライプのメニューを描く」において、ストライプ模様を描くとき手動で描いた。今回は、特定のオブジェクトをパターンとして登録し、そのパターンをオブジェクトに適用する方法で描く。

 

パターンの作成

光が当っているところを表現した白のグラデーションを配置したところまでは前回と同じ。

090116-025

まず、ストライプのパターンの元になるオブジェクトを描く。ここでは斜めの線を一つだけ描いた。

090116-023

上記のオブジェクトを選択しておき、メニューより、「Object > Pattern > Object to Pattern」を選択。

 

パターンの適用

次に、ピンク色のオブジェクトを複製 (Ctrl + D)。

090116-026

最前面に位置した上記オブジェクトを選択しておき、メニューより「Object > Fill and Stroke」。Fill タブにおいて Patten を選択。 Pattern fill セレクトボックスでは、先ほど作成したパターンを指定する。

090116-027

 

以下がパターンを適用した結果。

090116-028

後の操作は前回と同じ。

 

パターンの変形

パターンの位置や大きさ、角度を変更したい場合は、editpath パスを編集するためのツールでパターンを適用したオブジェクトを選択し、表示されたハンドルを移動させる。

090116-029

移動後。

090116-031